ロイヤルマネーキングダム(小池竜也)は詐欺だと評判?レビューします。

鳥山です。

今回の記事で取り上げるのは、
電子書籍に関する無料オファーです。

こちら。

(ロイヤルマネーキングダム)

———————————————————————-
商材名:ロイヤルマネーキングダム

販売業者:合同会社clear&Generations

運営責任者:小池竜也

住所:東京都千代田区岩本町3-10-7 東自機ビル7F

メールアドレス:koike@putative-ex.com
———————————————————————-

僕自身、電子書籍の出版に非常に興味がありますので、
今回の無料オファーが目に止まりました。

ロイヤルマネーキングダムという名前の商材です。

ひとまず特商法の表記は基準を満たしていますね。

特商法の表記がずさんなもの(住所が書いていないなど)は
ほぼ100%悪質な商材ですので、
僕は必ず最初にチェックしています。

それでは、
ロイヤルマネーキングダムの内容に入っていきます。

ロイヤルマネーキングダム(小池竜也)の内容は?

(ロイヤルマネーキングダムは「これまでにない手法」とのことだが..)

では、ロイヤルマネーキングダムの内容について。

オファーページでは、
ビジネスモデルの詳細が明かされていません。

僕は他の無料オファーまとめサイトでこの商材について
「電子書籍出版で稼ぐ」と紹介されていたため、
電子書籍に関するビジネスだとわかりましたが、
オファーページには「電子書籍」という文字がありません。

この時点で非常に残念な気持ちになりましたね。

なぜなら
「オファーページでビジネスモデルを明かさないオファーは
ほぼ100%悪質な商材」だからです。

これまで、ビジネスモデルを記載していないもので
まともな無料オファーは1回もありませんでしたので。

一応捨てアドレスで登録しましたら、
動画が送られてきました。

そこでようやく「電子書籍で稼ぐ」という事が明かされました。

案の定..内容は非常にお粗末なものでした(笑)

ロイヤルマネーキングダムの内容は、

『他人の書籍をまるまるコピペしてAmazonで出版して稼ぐ』

という非常に危険な内容。

もう、いろいろツッコミどころがあり過ぎて
どこからツッコめばよいかわかりません。。

ですが、具体的に問題点を挙げていきます。

ロイヤルマネーキングダム(小池竜也)のビジネスモデルは違法行為

(違法行為はダメ、絶対。)

誰でもすぐにわかると思うのですが、
他人の書籍をコピペして販売するというのは
完全なる著作権違反です。

昨今、テレビやインターネットにおいて
著作権違反における問題がよくニュースで取り上げられています。

書籍というのは書いた人に著作権があります。

その作品をまるまるコピペして販売したら、
100%著作権違反行為です。

最悪、裁判沙汰になってしまいますので、
絶対にやってはいけません。

ロイヤルマネーキングダム(小池竜也)は悪質商材です。

違法行為を他人に勧めている時点で、
ロイヤルマネーキングダムは論外です。

そして、責任者の小池竜也氏も非常に危険人物と言えます。

そもそも著作権違反物をAmazonで販売できるかどうかも疑わしく、
ビジネスモデルとしては破たんしています。

仮にAmazonの目を抜けて出版が認められたとすれば
おこずかい程度稼げる可能性はありますが、
間違いなくいずれバレます。

そして執筆者本人の目に触れれば、
最悪裁判沙汰に発展してしまいます。

間違っても
ロイヤルマネーキングダムのビジネスモデルを
実行に移してはいけません。

真っ当なネットビジネスで大きく稼ぎましょう!

(まっとうなネットビジネスで大きく稼げばいいんです)

ロイヤルマネーキングダムのように違法行為をせずとも、
真っ当なネットビジネスで月に100万円以上稼ぐことは可能です。

どうせ一から勉強するのでしたら、
末永く稼げるビジネスを学んだ方がいいに決まっています。

今現在のインターネットビジネス業界において、
「初心者でも無理なく稼げるようになるネットビジネスモデル」
「現実的に独立を目指せるネットビジネスモデル」を、
下記リンク先の記事で紹介しています。

初心者でも稼げるネットビジネスモデル集!あなたに合う稼ぎ方を紹介

紹介しているビジネスモデルは全て
現在のネットビジネスにおいて王道の稼ぎ方ですし、
違法行為ではありません。

もし現在あなたが
なんでもいいからネットでお金を稼ぎたいなぁ
と思っていましたら、上記リンクの記事が参考になると思います。

ぜひ、あなたが興味の湧くビジネスから挑戦してみてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

質問や相談などありましたら、
下記フォームよりお気軽にメッセージをいただけたらと思います。

左側のチェックボックスにチェックを入れて送信ボタンを押してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ