デイリーモーションは稼げる?広告収入単価と動画の著作権について!

鳥山です。

突然の質問ですが、『動画で稼ぐ』と聞いた場合、
あなたは何を想像しますか?

「動画で稼ぐって、YouTubeのことでしょ?」
と思うかもしれませんが、現在YouTubeとは別に
どんどん人気が上がっているサイトがあるんです。

それが、
今回お伝えする「デイリーモーション」という動画サイト。

YouTubeほど日本での知名度はまだ無く、
僕はデイリーモーションというサイトを最近知ったのですが、
海外ではかなり認知されているサイトなんですね。

そして、
デイリーモーションでも収益化システムがあるという事がわかり、
非常に興味を持ちました。

だって、ビジネス的に絶対に『おいしい状況』ですからね。

デイリーモーションが『おいしい状況』と言える根拠は以下です。

  • 競合(他の動画投稿者)が少ない事
  • デイリーモーションは今後、YouTubeのように
    日本でも爆発的に人気の動画サイトになる可能性が高いこと
  • 動画投稿者の著作権に関する規制がYouTubeよりも緩く、
    チャンネルの凍結や、動画の削除などがほぼ行われていないこと

という状況だからです。

ネットビジネスに携わる者として、
非常に魅力的なタイミングなんですね。

それでは、デイリーモーションについて詳しくお伝えしていきます。

デイリーモーションとは?

(※人気急上昇中「デイリーモーション」)

デイリーモーションとは、YouTubeやニコニコ動画と同じく、
自由に動画をアップできる動画サイトです。

このデイリーモーションが日本に入ってきて、
徐々に今注目されているんですね。

今回記事でお伝えしたいことは、とにかく
『デイリーモーションを使って稼ごう』と考えた場合、
ビジネス的に非常においしい状況であるという事です。

近年のYouTuberの増加を見てわかる通り、
『YouTubeでお金を稼げる』ということは
もはや常識となっています。

そして、
YouTubeで実際にお金を稼ごうと、
続々と新規参入者が増えています。

ですから、
これからYouTubeで稼ごうと思うと、

どうしてもライバルの数が多いですから、
現実的に非常に難しい環境になっているんですね。

多くのYouTuberが満足に稼げずに、
動画投稿を辞めていく人が非常に多いんです。

ニコニコ動画に関しても同じことが言えて、
すでにニコニコ動画は日本で広く認知されていて、
動画投稿者も非常に多いですから、
YouTube同様、稼ぎにくい状況であると言えます。

現在YouTubeやニコニコ動画でなかなか稼げない人が、
徐々にデイリーモーションに参入し始めており、
「YouTubeより簡単に視聴数を稼げる!」
という声がネット上に上がっています。

現在のデイリーモーションは、
ビジネス用語で言うと「ブルーオーシャン」という状態であり、
ビジネスチャンスとしては非常においしい状況です。

ブルーオーシャンというのは、
ライバルのいない未開拓の市場のことを意味します。
つまり、独占市場という事です。

では実際にデイリーモーションでどのくらい稼げるのか?
ということで、

デイリーモーションの広告収入についてお伝えします。

デイリーモーションの広告単価はいくら?

(デイリーモーションの広告単価はいくら??)

まず僕が一番気になったのが、
デイリーモーションの広告単価です。

現在のYouTubeの平均広告単価は、
1再生あたり0.05円と言われていますが、
デイリーモーションはいくらになるのか。
※YouTubeは、
 登録者数や視聴時間、評価によって広告単価が大きく変動します。

デイリーモーションの広告単価は
多くの動画投稿者の報告により、
1再生当たりおよそ0.01円という結果になっています。

ずばりYouTubeの5分の1程度という事です。

広告単価だけ見ると、
YouTubeの方が稼げると思いますよね。

確かに、すでに多くのチャンネル登録者数がいる人や、
安定してYouTubeで再生数を爆発させることのできる人は、
デイリーモーションは全く魅力がないでしょう。

しかし、
これからYouTubeに参入して稼ごうという場合、
僕はデイリーモーションの方が断然おススメです。

僕がお勧めする理由は、

  • 現在ライバルが少ないこと
  • 今後多くの人がデイリーモーションを
    視聴するようになる可能性が高い事

そしてデイリーモーションは更に、
動画投稿初心者にとって優位な点があるんです。

それは..

デイリーモーションは他人の動画をパクってもよい!?

(デイリーモーションは他人の動画を盗んでも稼げてしまう!?)

最初は信じられませんでしたが、
デイリーモーションでは他人の動画をそのまま転載しても、
広告収入が得られるという事なんです。

つまり、動画を作成せずとも、
動画をアップロードさえすればお金を稼げるということ。

YouTubeではあり得ないことです。

YouTubeにて、
他人の動画を転載して広告を貼っている人もいますが、
すぐに削除されています。

そして最悪の場合、
アドセンスアカウントのはく奪につながるんですね。

現在、YouTubeで痛い目を見た人が、
どんどんデイリーモーションに参入しているんです。

ただし、
デイリーモーションの規制については現在は緩いですが、
今後YouTubeのように著作権に厳しくなる可能性も
十分にあります。

なので、ずーっと他人の動画を転載して稼ぐというやり方は
僕はお勧めしないのですが、
最初の「ネットでお金を稼ぐ体験」としては
取り組んでみてもよいとは思います。

以上の点から、
ネットビジネス初心者の方にとっても、
他の動画サイトでなかなか稼げないという人にとっても、
デイリーモーションは非常にお勧めという事なんです。

しかし、僕が本当にお伝えしたいことは、
「デイリーモーションで広告収入を得ましょう」
ということではありません。

デイリーモーションを集客の窓口として利用する

(デイリーモーションは集客の窓口として力を発揮する!)

YouTubeにしてもデイリーモーションにしても、
僕は広告収入を稼ぐことを目的にしていません。

「は?何言ってんの?」

という感じだと思いますが、
僕の感覚だと、
「広告収入を稼ぐために動画を投稿し続けるのは
お金を稼ぐという視点で見たら非常に効率が悪い」

という事なんですね。

たしかに大物YouTuberのように
登録者数が100万人を超えているような場合は、
動画投稿のみでもまとまった収入になるので、
広告収入だけでも満足でしそうです。

しかし、
現実的に登録者数100万人というのは非常に壁が高く、
誰でも達成できるものではありません。

では、僕はどのように動画を利用するのか?

僕の場合は、
『動画は情報発信やアフィリエイトの集客の一つ』
と捉えて利用しています。

つまり、動画の視聴者を
自身のビジネスの見込み客にしてしまうんです。

その方が、
広告収入だけよりもはるかに収益のメリットが大きく、
動画投稿という一つの作業で
得られるリターンが何百倍にもなります。

ですから、もしあなたが
『動画投稿で稼ごう!』と思っているのなら、
僕と同じ手法で行うことをお勧めします。

もし興味がある場合、
僕が現在稼いでいる方法を、
僕が直接教えることも可能ですので、
コメント欄よりご連絡いただければと思います。

動画投稿×アフィリエイトの方がいい

最終的には

動画投稿×情報発信
動画投稿×アフィリエイト

の両方を行うことをお勧めしますが、
情報発信はコンテンツを用意するまでかなりの時間がかかりますので、
まずは『動画投稿×アフィリエイト』だけで大丈夫です。

アフィリエイトを組み合わせるだけでも、
広告収入だけよりもはるかに大きなリターンが見込めます。

動画投稿とアフィリエイトの融合。

その手法を僕が直接教えてもいいですが(コンサルは有料ですが)、
僕よりも動画とアフィリエイトを融合させることについて
ハイレベルな人が、教材を出してくれました。

それがHMBという教材です。

販売者は岡田陽平さんという人で、
ネットビジネス業界ではかなり有名な方です。

また、
動画とアフィリエイトを融合させることについて、
日本でもトップレベルに早く取り組んだ方です。

当然、動画投稿者としてもレベルが高く、
YouTubeでも100万再生以上の動画を
簡単に量産できる方です。

そんな、
動画投稿とアフィリエイトのエキスパートである岡田陽平さんが
いち早くデイリーモーションに目を付けました。

その結果、
『お金を稼ぐ』という視点で
YouTubeよりもデイリーモーションの方が優秀だとわかり、
教材(HMB)としてまとめたんです。

実際にHMBを購入し、
非常に秀逸な教材と思ったため、
レビュー記事を書きました。

ぜひ、
動画投稿でお金を稼ごうと思っている方には
読んでいただきたい記事です。

人数限定ではありますが、
僕からのコンサルティングを特典につけるという
あり得ない企画も行っていますので、

チェックしてみてください。

レビュー記事はこちらになります。

↓↓↓
【企画特典付】HMB(YouTubeアドセンスを使わずに動画で稼ぐ方法)岡田陽平

質問や疑問点などありましたら、
下記フォームよりお気軽にメッセージを頂けたらと思います。

左側のチェックボックスにチェックを入れて送信ボタンを押してください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ