ブログを量産しなければアフィリエイトは稼げないという嘘

(ブログって何個も作る必要あるの?)

どうも、鳥山です。

アフィリエイトに取り組んでいる人や、
これから取り組もうとしている人の

生の意見をもっと知りたいと思い、
いろいろリサーチしていました。

それと同時に、
『アフィリエイトコンサルタント』と名乗る方のブログを

いくつか見ていました。

すると、ある意味衝撃的なアドバイスがありましたので、
「その指導は間違いですよ」という意味を込めて
本記事で共有します。

非常に多くの方が同じ誤った認識をしているようなので
本記事をご覧の方は、認識を改めてください。

その内容とは..

アフィリエイトはブログを量産しなければ稼げない?

アフィリエイトコンサルタントと名乗る、
とある方のブログに書いてあった衝撃の内容だったのですが、
とにかくブログを量産すればアフィリエイトは成功できる
というもの。
しかも、記事の投稿日は今年2017年3月でした。

思わず「正気か..」とつぶやいてしまいました(苦)

(おいおい..正気か…)

確かに10年以上前には、
「アフィリエイトで成功するコツはブログを量産すること」
というのが鉄板法則として認知されていましたが、
それは何年も前に通用した話です。

現在は、グーグルのシステム変更や
ネット利用者のリテラシー(教養)が高くなり、
『ブログ量産=稼げる』という図式は
通用しなくなっています。

現在、本当にアフィリエイトで成功している人は、
間違っても「ブログ量産=稼げる」とは
人に教えません。

恐らく、今回僕が発見したブログの管理者は、
本当に稼いでいる方ではないと思います。

もし、仮に実際に稼いでいる方だとしても
「今後はどんどん通用しなくなっていくだろうな‥」と
感じざるを得ませんでした。

今後はインターネットは更に拡大していき、
「質の低いコンテンツ」はどんどん消されていくからです。

なので、そういった意味でも
「量産して稼ぐような思考の人からは教わりたくない」と
ズバリ思ってしまったわけです。

しかし、アフィリエイト初心者の方は
「本物の成功者」か「自称成功者」かなど
見抜けるはずもありません。

私も今でこそ、成功者の見分け方や
「こいつから教わったらダメだろう」というのが
分かります。

ですが、昔の初心者の時代に同じように
「量産したら稼げます!」という人を見ていたら
多分、ホイホイと引っかかっていたでしょう。

そんな初心者が見抜くことのできない
『ニセモノ』がネットビジネス界には存在しています。

ここがネットビジネスの闇になっているところです。

ですから、
当ブログを読んでくれている読者様が
そんな闇の部分に
引っかかることがないよう、

読者の方の教養を高められるように
記事の内容を考えて更新しています。

それでは、
『ブログの量産=稼げる』は、
なぜ今は間違いなのかについて
さらに突っ込んで解説します。

「ブログを量産しなければ稼げない」はなぜ間違いなのか?

では、
『ブログを量産しなければ稼げない』という教えは
何が間違いなのかについて説明します。

答えは簡単なのですが、
1つのブログだけでも十分に稼げるから
ということになります。

現在のネットシーンは昔と異なっていて、
『量よりも質』が求められています。

昔は現在よりも
根拠のない適当な情報が多かったですし、
「詐欺商材」と言われる情報商材で
溢れかえっていた時代でした。

大して実力もない人が
ガンガンと稼いでいた時代でしたね。

ですが近年においては、
本当に実力がともなっている人しか
稼ぎ続けることができなくなっています。

「どんどん小細工や裏ワザが通用しなくなってきた」
‥というイメージです。

これは、僕個人的には本当にいいことだと思いますが、
以前甘い汁を吸っていた人にとっては死活問題でしょうね。

ビジネスとは本来、
「サービスの質×量=報酬」なわけですから、
質が悪ければ、いくら量で補っても
稼ぎ続けることはできません。

アフィリエイトで考えると
「ブログ(サービス)の質(記事)×量(ブログの数)=報酬」
と置き換えることができます。

ですから、ブログの数が何個もあろうが、
記事の質が低ければ、現在はもう稼ぐことはできないのです。

アフィリエイトで成功するには、ブログの質にこだわること

(高品質のブログを目指すことが成功への最短コース)

現在のアフィリエイトでは、
ブログの質がとにかく問われます。

ですから、
「ブログを量産しないと成功できませんよ」
と言っている人は、
現在間違いなく稼いでいないと断言できます。

ただ、ここで一つ誤解してほしくないのですが、
『質の良いブログ』という前提であれば、
ブログを量産すればするほど報酬は大きくなります。

  • ブログは量産しなきゃダメなんじゃん..
  • 量産は間違いと言ったり、
    量産すれば報酬が大きくなると言ったり、

    結局どっちなんだ!?

と思われると思いますが、
結果として最も理想なのが
『質の良いブログを複数運営すること』です。

確かに一つのブログで、質が良ければ
十分に稼ぐことは可能です。
月に数百万円レベルなら、
余裕で稼ぐことができます。

しかし、複数運営することのメリットは
『もし何らかのトラブルが原因でブログが消えてしまう』
という状況になったときに、
1つだけのブログでは収入が途絶えてしまう可能性も考えられます。

なので、
「1つのブログで月収100万円」よりも
「10個のブログで月収100万円」の方が
収入は安定するため、理想なんですね。

とはいえ、まだ月に10万円すら稼いでいない人が
いきなりブログを10個運営し始めるのは
おススメしません。

「アフィリエイトがどんなもので、
どういった質が世間に求められているのか。」
ということをまずは理解してから、
複数のブログ運営をおススメしています。

ちなみに、
先ほどから僕が言っている「ブログの質」ですが
具体的には「文章の質」を指しています。

文章とは「コピーライティング」と言うものです。

『質の高い文章を書く力=コピーライティング力』です。

質の高いブログを作るうえで、
コピーライティング力は必須になります。

  • コピーライティング力がなぜ重要なのか?
  • どうやってコピーライティング力を上達させるの?

という内容について、こちらの記事に詳しく書きましたので、
ぜひご覧いただければと思います。

コピーライティングとは何か?効率的な身につけ方は?

それにしても..
今回の記事を書くにあたって

「適当なことばかり言う自称成功者」の存在を久しぶりに見ました。

そんな自称成功者に限って、
平気で数十万円もするような高額な商品を販売しています。

間違ってもメンターに選んではいけないような人が、
今でも実際にネット上にたくさんいます。

僕は常々、
『メンター選びが成功する上で最も重要だ』
と言っていますが、
メンター選びは本当に間違ってほしくありません。

以下の自己紹介記事にて、
メンター選びのコツを記載しておりますので、
ぜひご覧いただければと思います。

僕が稼ぐ前や、メンターとの出会い、
そして現在の状況まで詳しく記載しました。
↓↓↓
アフィリエイター鳥山の自己紹介

あなたもぜひ、
理想のメンターを見つけてください。

その為に私も全力でサポートしていきますので
何でも気軽に聞いてもらってOKです。

本記事のまとめ

それでは、本記事の内容をまとめます。

  • 「ブログを量産しないと稼げない」はウソである
  • ブログは量よりも質にこだわること
  • 「質の良いブログ」という前提なら、複数運営した方が良い
  • アフィリエイトは、質が低いと稼ぎ続けることはできない
  • 「自称コンサルタント」には引っかからないようにしましょう
  • メンター選びのコツを知るべし

といった内容でした。

ブログの量産は成功する上で必須項目ではありません。

それよりもまずは、一つのブログで
「質の良いブログとはどんなものか?」
ということを学んでいってください。

そして、そのブログから十分な収益が発生したら、
2つ目のブログを運営すればよいのです。

そして、複数のブログを運営する事で
収入の安定度を増していくという流れが、
最も理想的です。

ぜひ、今回の記事で学んだことを踏まえ、
今すぐに行動を起こしてみてください。

例えば..

  • ブログを複数運営している人で、まだ稼げていない人は、
    「質の良いブログとは何か?」について学び始める
  • まだブログを運営していない人は、
    ブログを一つ開設してみる
  • もしも現在、誰かのサービスに申し込もうか迷っている場合で、
    その人が自称コンサルタントか本物なのか判断がつかない場合、
    鳥山に聞いてみる

ざっとこういった内容で行動が起こせます。

とりあえずなんでもいいので、
本記事を読んで何か思うことがあったり、
学んだことや気づきがあったら、
すぐに行動を起こすことが大事です。

そして、「すぐに行動する」という癖を
つけていってください。

現在成功し続けている人はみな、
「学んだことをすぐに行動する」
という習慣が身についています。

ぜひ、あなたも身につけてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

ご質問、ご感想、ご意見などがございましたら、
こちらのフォームにご記入の上、送信して下さい。

左側のチェックボックスにチェックを入れて送信ボタンを押してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ